夏に向けてバッサリカット♪

今日はスタイルチェンジの多いこの時期ピッタリのスタイルチェンジです♪

結婚式でずっと伸ばしてたお客様です★

今回はバッサリ、カットしてパーマをかけようと思います♪

IMG_3730

かなり長いですねー♪

でも躊躇なしでバッサリ★

IMG_0945

切っちゃいました♪

IMG_0950

全体カットして、毛を集めてる間にパーマかけちゃいます♪

IMG_0951

で、出来上がりがこちらー♪

IMG_0954

イメチェンしたい方は吉田までご連絡お待ちしてます♪

実は小顔への近道!?頭皮マッサージの方法まとめNO5

<< 方法 >>

マッサージの方法は簡単。シャンプーのときに意識すると良いでしょう。

【4、こめかみ上の髪を上に引っ張る】

こめかみから上の髪の毛を上に向かって引っ張り上げます。

頭皮が動かされ、顔全体のリフトアップに役立ちます。

髪の毛は手のひら全体で握れる程度、掴みます。5~10秒程度を3回繰り返します。

実は小顔への近道!?頭皮マッサージの方法まとめNO4

<< 方法 >>

マッサージの方法は簡単。シャンプーのときに意識すると良いでしょう。

【3、ハチを手全体でやや強く刺激】

耳の上の出っ張っているところ(ハチ)周辺を中心に、手全体で押さえます。

手のひらで頭を圧迫する感覚です。

頭蓋骨を小さくするイメージを持って、やや強く押します。5~10秒程度を3回繰り返します。

実は小顔への近道!?頭皮マッサージの方法まとめNO3

<< 方法 >>

マッサージの方法は簡単。シャンプーのときに意識すると良いでしょう。

【2、生え際から頭頂部へ頭皮引き上げ】

指を開き、指の腹を使って生え際から頭頂部へ向かって頭皮を持ち上げます。

手は櫛のようなイメージです。このとき頭皮を動かす意識を持っておきたい。10回繰り返します。

実は小顔への近道!?頭皮マッサージの方法まとめNO2

<< 方法 >>

マッサージの方法は簡単。シャンプーのときに意識すると良いでしょう。

【1、頭頂部付近を刺激】

特徴として、疲れやストレスなどがたまると、頭頂部が硬くなり盛り上がってきます。

指の腹を使って、頭頂部を押し開きます。

5本の指を揃えて頭頂部の中央に置き、生え際から3ヶ所程度を5~10秒間プッシュ。

ツボを刺激するイメージです。

実は小顔への近道!?頭皮マッサージの方法まとめ

小顔ケアと聞くと、つい顔のマッサージを連想しがちですが、それだけでは大きな効果はありません。

実は顔の筋肉と頭皮はつながっているのを、皆さんご存知でしたか?

頭皮が疲れて凝っていると、顔がたるんできてしまいます。

できれば毎日、お風呂で丁寧に頭皮マッサージをしたいところ。

1日5分の新習慣で、みるみる小顔に。方法をご紹介します。

髪のトラブル、美容師と栄養士さんの考え!NO3

《 トラブル2 》

【 オイリーな髪質 】

【美容師(吉田太紀)の意見】

シャンプーやマッサージの頻度が多すぎると、かえって頭皮を刺激して、過剰に活発させてしまいます。

シャンプーをするときは、やさしく、指先ではなく手のひらで髪を洗うようにしてください。

また、オイリーな整髪料は避け、トリートメントなどは頭皮や根元につけないよう、気をつけるように。

【栄養士の意見】

オイリーな髪質は、食生活の乱れからくることもあります。

肝臓が脂肪を処理するのに時間がかかってしまっているのです。

食生活を見直し、必須脂肪酸をバランスよくとるようにしてください。

また、野菜や脂肪分の少ないタンパク質をたくさん摂るようにしましょう。

髪のトラブル、美容師と栄養士さんの考え!NO2

《 トラブル1 》
 

【 抜け毛や髪の先細り 】

【美容師の意見】

ストレスや外部的刺激、栄養過多、栄養不足、生活環境により頭皮が引き締まり、髪へ血液や栄養分が行き渡りにくくなると、抜け毛や毛先が細くなることにつながります。

生活習慣の見直し、睡眠時間や栄養の偏りを改善したり、
頭皮マッサージや、リラクゼーション、外部的刺激や汚れをしっかり除去し、頭皮のコンディションを整えることで、血行をよくすることが大切です。

【栄養士の意見】

抜け毛は栄養不足が考えられるので、普段の食生活を見直し、十分なタンパク質を摂っているかどうかよく考えてみましょう。
もし、食生活に問題がないようなら、消化がうまくいっていないのかもしれません。
現代農法では、野菜やフルーツから重要なミネラルが栽培過程で失われてしまっていることがよくあります。
もし不安だったら、良質なプロテインパウダーをサプリ代わりに摂るようことをおすすめします。

髪のトラブル、美容師と栄養士さんの考え!

クセ毛や抜け毛など髪のトラブルはいろいろありますが、ヘアケアの方法もそのトラブルごとに大きく異なります。

美容師、栄養士がそれぞれの立場からトラブルを分析し、トラブルごとにおススメのヘアケアアイテムを分析しています。

あなたもこのアドバイスに耳を傾けてみませんか?

春夏は必須!?ツヤツヤな髪を作るヘアケアレシピNO.5

《 髪に良い食事 》

髪を作り出すのに欠かせないのが、タンパク質。献立に豆類、肉、魚などを一品加え、毎食、タンパク質を摂取することを意識しましょう。

また、タンパク質を効率よく吸収するためにはビタミンも必要。

ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンEを多く含む食品を積極的に取り入れて。ニンジン、カボチャ、ほうれん草などの緑黄色野菜、イワシ、サバなどの青魚、オリーブオイル、ナッツ、ゴマなどがおすすめ。

細胞の生まれ変わりをサポートするためにも、血行を良くすることも大切です。

冷えた料理より、温かい料理を意識して摂りましょう。